新しいウイスキー: アン・ヒード・ヴラース (An Chéad Bhlás)とティーリングのルネッサンス・パート2

ニュース/記事
10 /20 2020

107日付けのアイリッシュ・タイムズ紙に、新しいウイスキーの紹介記事が掲載されていたので翻訳します。

 

紹介されるウイスキーは、ケルティック・ウイスキー・ショップというダブリンのウイスキー専門店が出すアン・ヒード・ヴラース (An Chéad Bhlás)というウイスキーと、ティーリング・ウイスキーが発売するルネッサンス・パート2というウイスキーです。

 

 

(翻訳ここから)


アン・ヒード・ヴラース: 新しいケルト・アイリッシュ・ウイスキーのリリース

 

2020107

: ジョン・ウィルソン (John Wilson)

 


CelticWhiskeyshopChead.png


ドーソン・ストリート (Dawson Street, Dublin 2) のケルティック・ウイスキー・ショップは、極めて人気の高い限定版ウイスキーを定期的にリリースしている。


 

「これまでに 29 種類のシングル・カスク・ウイスキーを市場に出しており、クリスマスまでにさらにいくつかリリースする予定だ。その中の1つは、ワイン樽で熟成したウイスキーになる」とケルティック・ウイスキーの創業者でオーナーのアリー・アルパインは言う。


 

これは、「ザ・ケルティック・アイリッシュ・ウイスキー、アン・ヒード・ヴラース (An Chéad Bhlás: 「最初の味」という意味)」と呼ばれる新しいスモール・バッチ・シリーズの第一弾である。このシリーズにおいてケルティック・ウイスキー・ショップが目指しているのは、手ごろな価格で高品質のウイスキーを提供することだ。

 

前回の製品とは異なり、原酒を蒸留した蒸留所、熟成年数、瓶詰めした日付などの情報は記載されていない。「こういう情報にはあまり興味のない人もいる。だからこそスモール・バッチなのである。このウイスキーをほかの何とも比べてほしくないし、蒸留所が自社ブランドで出すウイスキーに対して、つまらないマウントを仕掛けたいわけでもない」


 

「ほんとうによいウイスキーを人々に楽しんでほしいだけだ。情報を公開しないことに不満を持つ人もいるが、消費者はこのウイスキーをほんとうに楽しんでくれている。これは、シェリー・ウイスキーを好む愛飲家のためにつくられた、甘いドライ・フルーツとスパイスの風味が漂うウイスキーである。度数は46%だが、アルコールが前面に出てくることはない。その出来にはとても満足している」


 

アン・ヒード・ヴラースは、ケルティック・ウイスキー・ショップ、キルケニーのセルティック・ウイスキー&ラーダー、および celticwhiskeyshop.com で独占的に販売される。1本の価格は75ユーロ。そのうち約5ドルはダウン・シンドローム・ダブリンに寄付される。

 

TeelingReneasance2.png


ティーリング・ウイスキーも、ルネッサンス・パート2という新しいウイスキーをリリースした。これは、昨年発売されて大成功したパート1の続編である。パート1は、約9000本が製造され、2020年アイリッシュ・ウイスキー・マスターと2020年インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションで金賞を受賞した。


 

この18年モノのシングル・モルト・ウイスキーは、オーストラリアのシラーズ・ワインの樽で仕上げられている。そのため、魅力あふれるフルーティーな味わいが生まれた。熟れたプラムとブラック・チェリーに加え、スパイシーな風味も漂う。このデカンター入りのウイスキーを収めたギフト・ボックスは140ユーロで購入できる。

(翻訳ここまで)

 

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

tarafuku10

アイルランド・ダブリン在住。男性。