アイリッシュ・ウイスキー・ミュージアム

蒸留所
07 /26 2020

IMG_0948.jpg


2013 年にオープンしたアイリッシュ・ウスキー・ミュージアムは、何といってもその立地が最高なのです。ケルズの書やロングルーム (図書館) で有名なトリニティ・カレッジの真向かいにあり、グラフトン・ストリートやテンプルバーなどの商店街/繁華街もすぐ近くです。とにかく市内のいろいろな場所を短時間で巡りたい方に最適です。

 

IMG_0950.jpg


ミュージアムという名前ですが、ガイドさんの話を聞きながら館内を回るという、蒸留所の見学ツアーと同じシステムになっています。

 

私も2回ほど訪れたことがあるのですが、昨年2月の 2 回目の訪問時のことを書いてみたいと思います。

 

参加したのがたまたま12時という早い時間帯のツアーということもあってか、お客さんは私を含めて7人です。多いと30人くらいになるらしい。

 

ツアーは4部構成です。最初の部屋ではこちらの画面で短いビデオの上映。


IMG_0952.jpg


役者さんを使った歴史劇風の凝った映像で、ガイドさんがナレーションをその場で付けていくスタイルです。ガイドさんはグレースさんという若い女性の方です。

 

こんな感じの雰囲気のある小道具も配置されています。


IMG_0951.jpg


2つ目の部屋は、中世のパブだか密造酒製造所を模した内装。3つ目の部屋がビクトリア朝時代のパブのような造りです。


IMG_0954.jpg

 

基本的に、ガイドさんがストーリーテラーとなって、ウイスキーにまつわるさまざまな歴史やエピソードを語っていくんですね。墓場泥棒の話もありましたし、アイルランドでどれほど密造酒製造が盛んだったかという話もありましたし、ウイスキーの貯蔵庫から出火してダブリンが大火事になったとき、火災で死んだ人より流れ出したウイスキーを飲みすぎて急性アルコール中毒で死んだ人の方が多かったという話もありました。

 

お話の内容は、ウイスキー初心者の方でも、かなり詳しい方でも楽しめると思います。私が面白かったのは、「Saved by the bell」の語源の話。私はこれは「ゴングに救われる」みたいなボクシング用語だと思っていたのですが、実はそうではなかった。昔は医学が発達していなかったため、昏睡状態になっただけで死んではいないのに埋葬されてしまうということがあった (メチルアルコールを飲むと、失明、昏睡、最後には死に至るみたいな話の流れでこの話になった)。それで棺桶の中にベルを入れておくことで、昏睡から覚めた人がそのベルを鳴らして助けを求めていた、みたいな話。

 

IMG_0955.jpg


前回来たときは、ビクトリア朝パブの部屋で、上の写真の肖像画がしゃべり始めて説明するみたいな仕掛けがあったんですが、今回はなくなっていました。

 

4つ目の部屋はいよいよテイスティングです。このミュージアムは特定のウイスキー会社ではなく、インバウンド専門の旅行会社が運営しています。したがって、いろんなブランドを飲み比べることができます。

 

IMG_0957.jpg


クラシック・コース (20ユーロ) を選んだ私が試飲したのは、ダブリナー、パワーズ、そしてアイリッシュマンの3つ。ほかの人はみんなプレミアム・コース (23ユーロ) を選んでいて、ナポーグ・キャッスル (Knappogue Castle) という 12 年物のウイスキーも試飲していました。プレミアムにはお土産のグラスもついてくるので、行かれる方はプレミアムを選ばれるもいいのではないかと思います。

 

さて、私が試飲した 3 つの中で一番おいしいと思ったのはパワーズです。パワーズはジェムソンやタラモアデューなどと並ぶ、アイルランド定番のブランドで、輸出はほとんどされていませんが、4年ほど前まではアイルランドで一番飲まれていたウイスキーでした。

テイスティングしたパワーズは、一番安い価格帯 (30ユーロぐらい) のものでしたが、同価格帯のジェムソンやブッシュミルズと比べても、その豊饒な味わいと胸いっぱいに広がる温かさは格別です。ブレンド・ウイスキーですが、確かモルト・ウィスキーの割合がジェムソンなんかより高かったと思います。

 

Powers_Gold-776x1176.jpg


ちなみに、いまアイルランドで一番飲まれているウィスキー・ブランドはやはりジェムソンです。ジェムソンもパワーズもアイリッシュ・ディスティラーズ社のブランドなのですが、国際ブランドであるジェムソンに広告資源を集中させたらしいのですね。パワーズの広告を大々的にアイルランド向けだけに制作するのは効率悪いと考えたのでしょう。

 

ダブリナーはダブリン・リバティーズ・ディスティラリーという割と新しい会社のウイスキー。グレーン・ウィスキーの割合が高いウイスキーだそうです。

 

アイリッシュマンはフルーティーな独特の味。青りんごの香りがします。独特すぎて、一口飲んだだけではちょっと好きか嫌いか判断付きかねます。70%がシングルモルト、30%がシングルポット (麦芽と麦芽になっていない大麦を混ぜたもの) から作ったブレンド・ウイスキーだそうです。

 

IMG_0956.jpg


ツアーの所要時間は 30 分ほど。ちょうどいい長さです。ガイドさんの語りがメインのアトラクションなので、ある程度の英語力が必要かもしれません。ショップやバーも併設されています。

 

にほんブログ村酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

tarafuku10

アイルランド・ダブリン在住。男性。