シェッド蒸留所が30000人の観光客をリートリム県に呼び込むことを目指す

ニュース/記事
06 /11 2021

ドラムシャンボ・ガンパウダー・アイリッシュ・ジンを製造しているリートリム県のシェッド蒸留所は、パンデミックにもかかわらず、2020年の売り上げが過去最高の約 1,000 万ユーロを記録したという記事2021531日付けのアイリッシュ・タイムズ。

 

sheddistillery.png

 


シェッド蒸留所は飲料業界のベテラン、パット・リグニーが設立した会社。ちなみに前年の売り上げは800万ユーロ。税引前利益は193万ユーロに若干上昇しました。

 

シェッド蒸留所は、パンデミックによる旅行客の減少という逆境にもめげず、昨年 9 月にビジター・センターをオープンしました。しかし、ロックダウンにより 4 週間だけ稼働しただけで休業を余儀なくされていました。

 

そのビジター・センターもまもなく営業を再開。2023年には年間30,000人の訪問を目標としています。これにより、地域に約 300万ドルの経済効果があるとリグニー氏は見ています。また、現在の75人のスタッフに加え、新たに25人を雇用する予定だそうです。

 

personalised-label-scaled_20210611013122b06.jpg


シェッド蒸留所のメインの製品はやはりガンパウダー・ジン。昨年は180,000ケース (1ケースは9リットル換算) を出荷したそうです。昨年初めてシングルモルト・ウイスキーをリリースしたほか、ソーセージ・ツリー・ウォッカというウォッカ製品も所有しています。

 

453.jpg 

 

ここから先は余談になりますが、シェッド蒸留所のあるドラムシャンボの街では、アン・トスタル (An Tóstal) というフェスティバルが毎年行われています。An Tóstal の意味は日本語では「集い」です。


 

これはもともと1950年代にアイルランド各地で数回開かれたフェスティバルです。アイルランドの暮らし/生き方を祝福するイベントだったそうです。アイルランドの観光庁が音頭を取って、海外で暮らすアイルランド移民を観光客として呼び込む目論見があったみたいです。


 

このイベントは50年代の終わりにはほぼ消えてしまったのですが、1か所だけ残っているのが、ここドラムシャンボです。1週間の開催期間中は、音楽、釣りとアートのワークショップ、詩の朗読、テーブルクイズなどが行われているそうです。


drumshambo.png

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アイリッシュ・ウイスキーの昨年の売り上げはパンデミックにもかかわらず大健闘

ニュース/記事
06 /10 2021


 

202161日付のアイリッシュ・タイムズ紙に、新型コロナウイルスによるパンデミックにもかかわらず、2020年のアイリッシュ・ウイスキーの販売量はそれほど落ちなかったと言う記事が掲載されていました。

 

terere.png



アイリッシュ・ウイスキーの2020年の販売量は1140万ケースで、これは2019年の1190万ケースに比べて0.4%低下しただけです。ウイスキーの販売量は伝統的にケース (case) で数えられます。1 ケースは 9 リットル。750ml 入りの瓶が12本分ということです。最近はレギュラー・サイズのボトルでも720mlだったりしますけど、計算としては1ケースが9リットルです。

 


旅行がほぼ不可能になったことで売り上げのかなりの割合を占めるデューティー・フリー/トラベル・リテールがほぼ壊滅状態だったし、バーやパブも長期間休業していたので、業界的にはもっと落ち込むのではないかと予想されていたようです。

 


アイリッシュ・ウイスキー協会のウイリアム・ラベル氏: 2020年の出荷量が1140万ケースを記録したのはアイリッシュ・ウイスキー業界にとって素晴らしいこと。パンデミック中に可能だと当初考えられていた量を上回っている」。

 


デューティー・フリー/トラベル・リテールでの売り上げは、2019年は679,600 ケースだったのですが、2020年はたった25,600 ケース。96.2%の落ち込みでした。

 


ラベル氏: 「去年の段階では、パンデミック前の売り上げを回復するのに 3 4 年かかるのではないかと考えていた。しかし、今年中に回復することを現実的な目標とすることができると考えている」

 


アイルランド国内の売り上げは 591,000 ケースで横ばい。英国は13.5%増加して531,000ケース。ヨーロッパで他に販売量が増えた国はドイツが12%増、ポーランドが31%増、ウクライナが31%増、スウェーデンが21.2%増。ヨーロッパ以外ではナイジェリアが139%(ただし絶対量は少ない)。中国、日本、インド、ニュージーランド、オーストラリアでも販売量は伸びている。

 


トップ・ブランドはやはりジェムソン。2020年には760万ケースを売り上げた。これは前年に比べると8%減。続いてタラモア・デューで120万ケース (前年は144万ケース)3位はブッシュミルズで744,900ケース(前年は822,300ケース)4位に躍進したのがコナー・マクレガーのプロパー・ナンバー12。販売量は2倍に増えて292,500ケース。第5位はキルベガン、第6位はパディーでした。

 


アイルランド国内の売り上げでは、アイリッシュ・ウイスキー全体では0.1%増。ジェムソンが254,000ケースで前年比1.6%増。ブッシュミルズが2(76,000ケース)。以下、パワーズ(74,000ケース)、パディー(48,000ケース)、タラモア・デュー(16,000ケース)と続きます。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

tarafuku10

アイルランド・ダブリン在住。男性。