アイリッシュ・ウイスキーのミニチュア・ボトル – その3

雑談
09 /30 2020

アイリッシュ・ウイスキーのミニボトル紹介シリーズ第三弾です。

 


キルベガン蒸留所/クーリー蒸留所のミニボトル・セット。この2つの蒸留所はジョン・ティーリングが所有していましたが、現在はビーム・サントリーがオーナーになっています。

 


こういうボックスに入っています。

 

I_5820.jpg

 

ボックスの蓋はマグネットで留まっていて、右から左に開けることができます。ボトルは左から、カネマラ、ターコネル、キルベガン (定番)、キルベガン (8)

 

I_5824.jpg

 

カネマラはクーリー蒸留所で製造されるアイルランドで唯一のピーティッド・モルト。ターコネルはもともと北アイルランド・デリー (ロンドンデリー) のワットという蒸留所が作っていたウイスキーですが、クーリー蒸留所が権利を購入して復活させた。キルベガンは、キルベガン蒸留所の前身であるブルスナ蒸溜所の代表ブランドを復活させたものです。

 


次の写真の左側はキルベガンの新しいデザインのボトル (1~2年前に一新されました)。右側はロック。キルベガン蒸留所は以前はロック蒸留所とも呼ばれていました。その頃のブランドを復活させたものです。

 

I_5826.jpg

 

以前はロックも含めた5本セットのボックスが売られていたんだけど、今はたぶんロックは生産中止になったのでしょう。


 

次はウェスト・コークのスキバリーン (Skibbereen) にあるウエスト・コーク・ディスティラーズ社のウイスキー。左からシングルモルト10(液面低下が激しいです)、ブレンディッド・バーボン・カスク、そしてザ・ポーグス。

 

I_5723.jpg

 

ザ・ポーグスは、アイリッシュ・バンドのザ・ポーグスのオフィシャル・ウイスキーと言う触れ込み。昔はこのウイスキーもウエスト・コーク・ディスティラーズのウェブサイトに載っていたと思ったが、今見てみたら、イギリスのリバプールにある会社がウェブサイトを運営している。ウェスト・コークの蒸留所で作られていると書いてあるから、ウエスト・コーク・ディスティラーズがかかわっていることは間違いないでしょう。

 


続きまして、カーロー県にある去年までウォルシュ・ウイスキー蒸留所と呼ばれていた蒸留所のウイスキー。

 

I_5721.jpg

 

左からライターズ・ティアーズ (コッパーポット)、ザ・アイリッシュマン (ファウンダーズ・リザーブ)、ザ・アイリッシュマン (シングルモルト)


 

「去年まで」と書いたのは、現在はロイヤル・オーク蒸留所と呼ばれていたためです。創業者のウォルシュ夫妻とティア・アリアを製造するイタリアの会社の共同経営だったんだけど、去年パートナーシップを解消しました。蒸留所はイタリアの会社が引き継いだのですが、ウェブサイトを見ると見学ツアーの案内はあるものの、どのようなウイスキーを作っているか書かれていない。ウォルシュ・ウイスキーの方には、ライターズ・ティアとザ・アイリッシュマンを生産する会社とはっきり書いてある。


 

アイリッシュマンのファウンダーズ・リザーブは、アイリッシュ・ウイスキー・ミュージアムに行ったときに試飲させてもらって、とてもフルーティー (リンゴっぽい) な独特の風味だったのを覚えています。ファウンダーズ・リザーブは、シングルモルトとシングルポットスティル (発芽した大麦と未発芽の大麦を配合したものを原料とする) のウイスキーをブレンドしたもので、グレーン・ウイスキーを使用していない唯一のアイリッシュ・ブレンド・ウイスキーということだそうです。

 

 

今回は以上です。

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アイリッシュ・ウイスキーのミニチュア・ボトル – その2

雑談
09 /26 2020

アイリッシュ・ウイスキーのミニボトル紹介シリーズ第二弾です。



今回は、ダブリンのリバティーズ地区にある蒸留所のミニボトルをご紹介します。


 

まず、ティーリング蒸留所のミニボトル。3本セットのボックス入りで販売されています。私が買ったときは20ユーロだったと記憶しています。

 

I_5756.jpg

 


ボックスの蓋はマグネットで留まっていて、下から上に開くようになっています。ボトルは左から、スモール・バッチ、シングル・グレーン、シングル・モルトです。


 

I_5812.jpg

 


それから、次の写真に写っている2本はシーズン限定もの。左はダブリンのザ・ヘッドラインというパブが父の日向けのギフトセットを作ったときに含まれていたもの。18年モノのティーリング・ウイスキー。右側は、ティーリング蒸留所開設 3周年を記念して発売されたカクテル。カクテルなので中身は賞味期限切れでもう飲むことはもうできないと思います。ティーリング蒸留所のショップでは、ときどきこういう季節もののカクテルのミニボトルを売っています。


 

I_5845.jpg

 

 

次は、ピアース・ライオンズ蒸留所のミニボトル。

 


こちらも3本セットのボックスが用意されています。左からザ・オリジナル、ディスティラーズ・チョイス、ファウンダーズ・チョイス。ピアース・ライオンズのウェブサイトでも 26.95 ユーロで販売されています。


 

I_5817.jpg

 


ボトルをボックスから出してみました。左の端にあるのはクーパーズ・セレクト。なんらかの理由でボックスに含まれていないのですが、他の3本より遅れてリリースされたとか、そんな感じだったかと思います。


 

I_5819.jpg

 


ちなみに、現在販売されているピアース・ライオンズのウイスキーはボトルの形が一新されています (クーパーズ・セレクトを除く)。新しい形のボトルのミニボトルは出てないと思います。


 

NewPearceBottle2.png

 


次は、ダブリン・リバティーズ蒸留所です。


 

I_5843.jpg

 


左から、リバティーズ、デッド・ラビット、そして定番のダブリナーズです。右端にあるのは少し前のダブリナーズ・ウイスキーのミニボトル。オーナーが変わる前のものかもしれません。リバティーズは定番のダブリナーズよりも少し上の価格帯。デッド・ラビットはニューヨークにあるデッド・ラビットというアイリッシュ・パブ向けに作ったものだと思います。


 

リバティーズ地区には現在4つの蒸留所があって、あと1つはロウ&コ蒸留所なのですが、ここのミニボトルは見たことがありません。特徴のあるボトルなので、ミニボトルが出ると楽しいと思うのですけどね。


 

今回は以上です。


 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アイリッシュ・ウイスキーのミニチュア・ボトル – その1

雑談
09 /26 2020

今回から何回かにわけて、私が集めたアイリッシュ・ウイスキーのミニチュア・ボトルをご紹介したいと思います。特にオークションで古いボトルを購入したりはしていないので、すべてここ5年間くらいで買い集めたものになります。しばし、お付き合いください。


 

今回は、大手メーカーのボトルを集めてみました。


 

まず、こちら。アイリッシュ・ディスティラーズ社の定番商品セットです。左からパワーズ、ジェムソン、そしてパディーが 2 本。左側の3本は 70ml 入り。コンビニでよく売られているのはこのサイズのボトルです。右端のハディーのボトルは、一昔前のものかなと思います。

 

I_5733.jpg

 


続きまして、ブッシュミルズとタラモア・デューです。ビッシュミルズは現在、メキシコのテキーラ大手であるホセ・クエルボが親会社、タラモア・デューではスコッチ・ウイスキーのウイリアム・グラントが親会社です。グラント社は、2014年にタラモア・デューの発祥の地であるタラモア (Tullamore)に蒸留所を作りました。60年ぶりにタラモアの街に蒸留所が戻ってきたわけです。

 

I_5734.jpg

 


ここからの3点はいずれもダブリンの旧ジェムソン蒸留所のショップで購入したものです。

 


まず、ジェムソン各種詰め合わせ。左から、ジェムソン・アイリッシュ・ウイスキー(定番)、ジェムソン・カスクメート、ジェムソン・ブラックバレル、ジェムソン・クレステッドです。

 

I_5741.jpg

 

続きまして、シングル・ポット・スティルの詰め合わせです。シングル・ポット・スティルというのは、発芽した大麦 (モルティッド) と未発芽の大麦を配合したものを原料とするウイスキーです (多くのウイスキーでは未発芽の大麦は使用しません)

 


アイリッシュ・ウイスキーの特徴は何か、と問われたとき、蒸留を 3 回行うこと、というのが一般的には正解とされています。しかし、最近では、「それって、単なるマーケティング上の売り文句にすぎないよね」という人たちが出てきています。

 


一時期、アイリッシュ・ウイスキーの衰退期に、蒸留所がミドルトンとブッシュミルズにしかない時期がしばらくありました。両方とも蒸留を3回行っていますので、「アイリッシュ・ウイスキーは3回蒸留」は嘘ではありませんでした。ライバルであるスコッチ・ウイスキーの煙たさに対抗して、3回蒸留の滑らかさというのはキャラを立てると言う意味で有効だったかもしれません。

 


しかし、19世紀後半にアイリッシュ・ウイスキーが世界を席巻していた頃は、発芽した大麦と未発芽の大麦を配合した原料を使うことこそが、アイリッシュ・ウイスキーならではの特徴だったのです。だから、「3回蒸留はマーケティング上の売り文句」派の人々は、シングル・ポット・スティルこそがアイリッシュ・ウイスキーの神髄だと主張しているのです。

 


ただ、シングル・ポット・スティルは、種類がそんなに多くないんですよね。特に昔から継続して作られているものは、1つか2つくらいじゃないかな。ちなみに、シングル・ポット・スティルは、以前はピュア・ポット・スティルとも呼ばれていました。アメリカで「ピュア」という言葉を使うのは消費者に誤解を与えるからダメだ、ということで、シングル・ポット・スティルに統一したみたいです。

 


前置きが長くなりました。左から、レッドブレスト、パワーズ、ミドルトン、グリーンスポットです。


I_5753.jpg

 

I_5747.jpg



 今回の最後は、レッドブレストの詰め合わせです。レッドブレストもシングル・ポット・スティルです。もともとは、ジェムソンから原酒の供給を受けたギルビーズという酒類卸売業者が熟成などを行って販売していたものですが、1985年にアイリッシュ・ディスティラーズに譲渡されました。レッドブレストには、12年、12年カスク・ストレングス、15年、21年、ルスタウ・エディション、27年の6種類があるのですが、その中の3種類です。

 

RedBreastMinuatureBottle.png

 

I_5748.jpg


今回は以上です。

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アイリッシュ・ウイスキーとクラフト・ビールのコラボ

雑談
06 /26 2020

私はいろいろとお酒関係のものを収集しているのですが、パブに行くとテーブルに置いてあるビアマットもその1つです。ちなみに、プラスチックなどでできていて、何度も使えるものはコースターと呼ばれ、紙製の使い捨てのものはビアマットと呼ばれます。

 

いろいろな会社が広告ツールとしてビアマットを使用していますが、やはり最も多いのはアルコール飲料です。ウイスキーのももちろんあります。たとえば次のようなもの。


WhiskeyBeerMatt.png


しかし、最近はクラフト・ビールのビアマットをよく見かけます。小さな醸造所はテレビ広告などを打つ資金はないと思いますので、安価なビアマットを利用しているのかもしれません。

 

さて、次の写真に写っているのは、すべてアイルランドのクラフト・ビールのビアマットです。

 

beermat.png

 

アイリッシュ・ウイスキーのブログなのに、「なんでクラフト・ビール?」と思われるかもしれませんが、最後にウイスキーの話につながりますので、ご安心して(?)お読みください。


有名どころのクラフト・ビールをいくつかご紹介します。まず、カーロー県に本拠を構えるカーロー・ブリューイング社のオハラズ(O’Hara’s)

 

oharasmatt.png

 

創業は1996年と、アイルランドのクラフト・ビール会社としては老舗であり、規模としても最大手の1つと言っていいでしょう。アルディ(Aldi)というスーパーのプライベート・ブランドの供給元でもあります。

 

IMG_4738.jpg

 

こういうパブのサインも、小さなクラフト・ビール会社ではできないと思います。

 

次は、ポーターズハウス (Portershosuse)

 

IMG_4801.jpg

 

たぶん、アイルランドのクラフト・ビールの中では一番有名。こちらも1996年の創業ですが、オーナーはこれ以前にもクラフト・ビールの事業にトライしていたので、アイルランドのクラフト・ビールのパイオニアはポーターズハウスだと言っていいと思います。

 

IMG_4720.jpg

 

ポーターズハウスは同名のパブを何軒か経営しています。下の写真はトリニティ大の近く、ナッソー・ストリート(Nassau Street)にある店舗です。テンプルバーやロンドンにも支店があります。

 

portershouse.png

 

ポーターズハウスのオーナーはウイスキー・ビジネスにも進出していて、ディングル蒸留所はグループ企業です。ポーターズハウス2人の従兄弟が始めた会社で、そのうちの1人がウイスキーを一生懸命やっていたんだけど、2016年に57歳の若さで急死。蒸留所を始めたのが2012年だから、ウイスキーの初出荷は見届けることができたか。

 

さて、次はこちら。フランシスカン・ウェルとエイト・ディグリーズ。

 

fribcuscab_8degree.png

 

この2つは厳密にはもうクラフト・ビールと呼べないかもしれません。2つとも大手の会社に買収されてしまったからです。

 

フランシスカン・ウェルは1998年にコークで産声を上げた会社。醸造所は、800年前にフランシスコ会修道院が建てられた場所にあります。2013年にカナダに本拠を置くモルソン・クアーズに買収されました。当時はまさにクラフト・ビールが日の出の勢いでしたし、大手ビール会社も新しいビール愛好家を開拓するための商品を探していたのでしょう。

 

IMG_4721.jpg

 

エイト・ディグリーズの方は2010年にコーク県のミッチェルズタウンで設立。2018年にジェムソン・ウイスキーなどを生産するアイリッシュ・ディスティラーズ社に買収されました。

 

どうしてウイスキーの会社が? と思われるかもしれませんが、その理由はジェムソンのカスクメイト・シリーズというウイスキーにあります。

 

IMG_5059.jpg



どういうことかといいますと、ジェムソンの公式 Web サイトから引用します。


カスクメイツ・シリーズでは、「ジェムソン・ウイスキーの熟成に使用した樽で、アイリッシュスタウトを熟成させてバレルエイジドビールを造り、その樽を再び蒸留所に戻してジェムソン・ウイスキーのフィニッシュに使用」するのです。

 

以前は上述のフランシスカン・ウェルとのパートナーシップでカスクメイツを生産していたのですが、カスクメイツの人気が高まるにつれ、フランシスカン・ウェルとの協力だけではまかないくれなくなってきたのです。

 

そこで、エイト・ディグリーズを買収することによって、カスクメイツ生産用のビール熟成樽を安定的に確保しようとしたのです。商品ポートフォリオを拡大することではなく、製造に必要な樽を確保することが第一の目的でビール会社を買収するというのはおもしろいですね。

 

この買収に関するアイリッシュ・タイムズ紙の記事はこちら(2018511)

IrishDistillers acquires Cork-based craft brewer Eight Degrees


クラフト・ビールは今でも人気が高くて、スーパーマーケットの商品棚でもかなりのスペースを占めていますし、クラフト・ビールを主に置いているパブなんかも珍しくありません。


8degrees.png

 (エイト・ディグリーズのビール)


にほんブログ村酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

父の日ギフト & ゲーム・オブ・スローンズのミニ・ボトル・セット

雑談
06 /21 2020

621日の日曜日は父の日ですね。

 

ダブリンにあるザ・ヘッドラインというパブで、父の日向けのギフト・セットを販売していたので買ってきました。私の父親は10年近く前に他界しておりますので、完全に自分向けです。


IMG_5323.jpg


ギフト・セットの内容は、18年モノのシングル・モルト・ウイスキー、クラフト・ビール6本、キョウズ(Keogh’s)のポテチ、板チョコ、カード、クラフト・ビールのグラス、クラフト・ビールのビアマット取り合わせです。お値段は45ユーロ。

 

 fathersdayset1.png

 

fathersdayset2.png



私が欲しかったのは、もちろんウイスキーのミニ・ボトルです。ティーリング社のウイスキーで、18年モノ。アルコール分46%70ml入りです。


TeelingMinibottle18Years.png 

 

それから、ザ・ヘッドラインのオンライン・ショップでは、ゲーム・オブ・スローンズをテーマにしたミニ・ボトル11本セットも売っていたので、そちらも購入しました。75ユーロ。


GoT_Minibottles.png

 

ゲーム・オブ・スローンは言うまでもなくHBOの人気テレビ・ドラマですが、北アイルランドの映画庁 (Northern Ireland Screen) が出資しており、北アイルランドの各地でロケが行われています。一番有名なのはダーク・ヘッジでしょうかね。絵葉書にもなっています。また、リトル・フィンガー役を演じたエイダン・ギレンはダブリン出身です。


DarkHedgePostcard.png

 

今年の秋には、北アイルランドのバンブリッジという町の近くに「ゲーム・オブ・スローンズ・スタジオ・ツアー」なるアトラクションがオープンする予定です。

 

実は私はこのミニ・ボトル・セットはアイリッシュ・ウイスキーを使ったものだと思い込んでいたのですが、スコッチ・ウイスキーでした。ゲーム・オブ・スローンズはスコットランドでもロケをやっているんですね。

 

ロイヤル・ロッホナガー、クライヌリッシュ、ラガヴーリン、ジョニー・ウォーカー(3種類)、オーバン、カーデュ、タリスカー、ダルウィニー、グレンデュランのウイスキーが使用されています。すべてディアジオ社のブランドですね。


IMG_5443.jpg


IMG_5448.jpg


IMG_5445.jpg

 

IMG_5449.jpg


ここで、「私もゲーム・オブ・スローンズは好きでよく見ていました。面白かったですよね」などと言うことができれば話も盛り上がるんでしょうが、残念ながら、私、まったく見ておりません。連続テレビ・ドラマは、次の回まで一週間待つのがつらくて、ほとんど見ることができないんです。裏切りの連続で、たいへん面白いドラマだったとは聞いております。なんだが尻切れトンボですみません。

 

にほんブログ村酒ブログ洋酒へ 

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

tarafuku10

アイルランド・ダブリン在住。男性。