ジェルストンズ・オールド・アイリッシュ・ウイスキー

ニュース/記事
11 /25 2020

 ジェルストンズというアイリッシュ・ウイスキーの記事がアイリッシュ・タイムズに掲載されていたので翻訳してご紹介します。

 


このウイスキーはこれまであまり宣伝活動をしてこなかったのか、あまり話題になっているのを見たことがありませんでした。といいますか、正直な話、私、今回このウイスキーのことを初めて知りました。記事にも「レーダーにひっかからないように操業していた」(直訳) と書いてありますのでそういうことなんでしょう。


 

ジェムストンズは歴史のあるブランドのようで、昔の経営者の子孫の方がブランドを復活させたようです。北アイルランド生まれでニュージーランド人のあの有名俳優もこのウイスキーの熟成に一役買っているようです。

 

 

(翻訳ここから)


ベルファストとニュージーランドの一族をつなぐジェルストンズ・オールド・アイリッシュ・ウイスキー

 

20201118

: ジョン・ウィルソン (John Wilson)

 

gelston1.png



過去数年間、ジェルストンズ・オールド・アイリッシュ・ウイスキー (Gelston’s Old Irish Whiskey) には目立った動きはなかったが、ここにきて顧客基盤を拡大する準備ができたようである。ジェルストンズを取り仕切っている男の名前はジョニー・ニール。彼は、1869年に創業者のサミュエル・ジェルストンからジェルストンズを購入したハリー・ニールの玄孫 (やしゃご) である。また、ジョニー・ニール氏の母方の祖先はグリノールズ・ジンを所有していた一族でもある。アルコール事業の血が彼の身体に流れているのは間違いない。2005年、彼は英国の最初期のクラフト・ジン蒸留所であるホイットリー・ニールを創業した。この蒸留所は現在はヘイルウッド社が所有している。

 


「私たちの一族はウイスキーになんらかのつながりがあるんだと昔から思っていたので、2007年に調査を始めた」とニール氏は言う。「しかし、実際に形になったのは5年前のことだった。ハリー・ニールはアルスター銀行で働いていたが、1851年のゴールドラッシュのときにメルボルンに移住し、食料品を販売する店を立ち上げた。大金を稼いだ彼は、パーシヴァル・ニールなど彼の兄弟に株を譲渡し、ベルファストに戻ってきた。1861年、彼はサミュエル・ジェルストンの未亡人からジェルストンズを買収した。ハリー・ニールは1891年に亡くなったが、一族は1920年代後半まで事業を継続した」


 

ニール氏はジェルストンの名前を再登録した。「ヘイルウッド社が経営に参加したとき、ジョン・ティーリングを介してブッシュミルズの古い原酒を樽で購入することができた。1991年から貯蔵庫で眠っていた樽に加え、2001年および2003年に熟成を始めた樽もいくつかあった。私たちは、25年モノのウイスキーを、アイルランド、アメリカ、日本でリリースすることができた」

 


オリジナルのジェルストンズと同様に、新しいジェルストン社も他の蒸留所、主にウェスト・コーク蒸留所から原酒を購入し、自社ブランドを構築している。幅広い種類のウイスキーが取り揃えられている。


 

奇遇にも、最新のリリースであるシングル・ポット・スティル・ピノ・ノワール・フィニッシュは、彼のいとこで、パーシヴァルの子孫である俳優のサム・ニールから提供された樽で21か月間熟成されている。サム・ニールは、ニュージーランドのセントラル・オタゴにあるワイナリーの経営者としても成功しているのである。甘く熟したレッド・フルーツの風味を持つこのウイスキーは、専門店やオンラインで 49.99 ユーロで購入できる。

 

(翻訳ここまで)

 

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ 

ウイスキー人気ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

新しいウイスキー: アン・ヒード・ヴラース (An Chéad Bhlás)とティーリングのルネッサンス・パート2

ニュース/記事
10 /20 2020

107日付けのアイリッシュ・タイムズ紙に、新しいウイスキーの紹介記事が掲載されていたので翻訳します。

 

紹介されるウイスキーは、ケルティック・ウイスキー・ショップというダブリンのウイスキー専門店が出すアン・ヒード・ヴラース (An Chéad Bhlás)というウイスキーと、ティーリング・ウイスキーが発売するルネッサンス・パート2というウイスキーです。

 

 

(翻訳ここから)


アン・ヒード・ヴラース: 新しいケルト・アイリッシュ・ウイスキーのリリース

 

2020107

: ジョン・ウィルソン (John Wilson)

 


CelticWhiskeyshopChead.png


ドーソン・ストリート (Dawson Street, Dublin 2) のケルティック・ウイスキー・ショップは、極めて人気の高い限定版ウイスキーを定期的にリリースしている。


 

「これまでに 29 種類のシングル・カスク・ウイスキーを市場に出しており、クリスマスまでにさらにいくつかリリースする予定だ。その中の1つは、ワイン樽で熟成したウイスキーになる」とケルティック・ウイスキーの創業者でオーナーのアリー・アルパインは言う。


 

これは、「ザ・ケルティック・アイリッシュ・ウイスキー、アン・ヒード・ヴラース (An Chéad Bhlás: 「最初の味」という意味)」と呼ばれる新しいスモール・バッチ・シリーズの第一弾である。このシリーズにおいてケルティック・ウイスキー・ショップが目指しているのは、手ごろな価格で高品質のウイスキーを提供することだ。

 

前回の製品とは異なり、原酒を蒸留した蒸留所、熟成年数、瓶詰めした日付などの情報は記載されていない。「こういう情報にはあまり興味のない人もいる。だからこそスモール・バッチなのである。このウイスキーをほかの何とも比べてほしくないし、蒸留所が自社ブランドで出すウイスキーに対して、つまらないマウントを仕掛けたいわけでもない」


 

「ほんとうによいウイスキーを人々に楽しんでほしいだけだ。情報を公開しないことに不満を持つ人もいるが、消費者はこのウイスキーをほんとうに楽しんでくれている。これは、シェリー・ウイスキーを好む愛飲家のためにつくられた、甘いドライ・フルーツとスパイスの風味が漂うウイスキーである。度数は46%だが、アルコールが前面に出てくることはない。その出来にはとても満足している」


 

アン・ヒード・ヴラースは、ケルティック・ウイスキー・ショップ、キルケニーのセルティック・ウイスキー&ラーダー、および celticwhiskeyshop.com で独占的に販売される。1本の価格は75ユーロ。そのうち約5ドルはダウン・シンドローム・ダブリンに寄付される。

 

TeelingReneasance2.png


ティーリング・ウイスキーも、ルネッサンス・パート2という新しいウイスキーをリリースした。これは、昨年発売されて大成功したパート1の続編である。パート1は、約9000本が製造され、2020年アイリッシュ・ウイスキー・マスターと2020年インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションで金賞を受賞した。


 

この18年モノのシングル・モルト・ウイスキーは、オーストラリアのシラーズ・ワインの樽で仕上げられている。そのため、魅力あふれるフルーティーな味わいが生まれた。熟れたプラムとブラック・チェリーに加え、スパイシーな風味も漂う。このデカンター入りのウイスキーを収めたギフト・ボックスは140ユーロで購入できる。

(翻訳ここまで)

 

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ザ・リベレーター: ダニエル・オコンネルの血を引くウイスキー

ニュース/記事
09 /24 2020

Liberator.png


 ウェイウォード・アイリッシュ・スピリッツ(Wayward Irish Spirits)というケリー県のウイスキー・メーカーから、3種類のウイスキーがリリースされたという記事がアイリッシュ・タイムズ紙に掲載されていたので翻訳してご紹介します。

 


この会社を経営するモーリス・オコンネル氏は、アイルランドの国民的英雄の1人、ダニエル・オコンネルの子孫です。ダニエル・オコンネルは、19世紀前半に活躍した政治家で、カトリック解放運動を主導した人。ダブリンで一番の大通りに名前が冠せられているほか (オコンネル・ストリート)、以前は 20 ポンド紙幣に肖像画が描かれていました。


DanielOconnell20poundsnote.png

 

ダニエル・オコンネルのニックネームは、ザ・リベレーター(The Liberator: 解放者)。そこで、この会社が発売するウイスキーも「The Liberator」ブランドで統一されています。


 

この会社は、ケリー県のレーン湖畔にあるオコンネル家のエステートを本拠地としています。まだ自前の蒸留施設を持っていないのですが、ゆくゆくはシングル・エステート蒸留所になることを目指しているそう。シングル・エステート蒸留所とは、蒸留や熟成を自社で行うのはもちろん、大麦などの原材料から自社の敷地内で栽培するというもの。蒸留所は、レイクビュー・エステート蒸留所という名前で、2024年の操業開始を予定しています。

 


同社は今年の3月に初めてのウイスキーをリリースしたのですが、これは自社のエステートの隣の敷地で栽培した大麦を原料に、パートナーの蒸留所で蒸留したウイスキーを使用しています。また、仕上げの熟成もエステート内で石造りの貯蔵所で行っています。


 

オコンネル一族はアイルランド西部のケリー県の名家で、15世紀半ばからワインやブランディをスペインやポルトガルから輸入することで財をなしたそうです。ダブリンから遠く離れた田舎なので、税吏の目を逃れて酒税を支払わずにすんだ、などというダークな話も伝わっています ()


 

オコンネル家の現当主をウイスキー・ビジネスに呼び戻したのも、ご先祖様なのかもしれません。

 

 

 

(翻訳ここから)

 

ザ・リベレーターを生んだ会社がリリースする新しい3つのウイスキー

: ジョン・ウイルソン (John Wilson)

2020916

 

キラーニーのレーン湖 (Lake Leane) のほとりにあるウェイウォード・アイリッシュ・スピリッツ社は、最ものどかな環境にたたずむ蒸留所の1つとなるだろう。今年の3月に同社初のウイスキーとなるザ・リベレーターがリリースされたとき、私はオーナーのモーリス・オコンネル(ダニエル・オコンネルの子孫)と妻のフランチェスカにインタビューして記事を書いた。今回は、この会社から3種類の新しいウイスキーが発売される。

 

 

モルト・イン・トーニー・ポート・フィニッシュ・バッチ2は、2006 年のクーリー蒸留所のモルト・ウイスキーと2015年のノーザン蒸留所のモルト・ウイスキーを原酒としており、前回と同様にトーニー・ポート樽で仕上げられている。約1000本の番号付きのボトルが市場に出ており、アルコール度数は46%。価格は65ドルである。リベレーター・バッチ2は、心地よく滑らかなウイスキーで、ダーク・フルーツとチョコレートの風味が特徴である。「今回のリリースは前回とは少し異なる」とオコネル氏は言う。「前回と比べて熟成期間が45か月長く、ブレンドの方法も異なる。今回は、前回ほどポートを強く意識したブレンドにはなっていない」

 

 あふれんばかりのフルーティーさ


今回リリースされる2つ目のウイスキーは、ダブル・ポート・フィニッシュである (アルコール度数45%)。さまざまなトーニー・ポートとルビー・ポートの樽で熟成された原酒をブレンドしており、あふれんばかりのフルーティーさが特徴。ジューシーで熟れたブラックカラントとレッド・チェリーの風味がする。また、このウイスキーについては、カスク・ストレングス(62. 1%)140本の番号付きハーフ・ボトルで用意されている(ただし、売れ行き好調につきお早めに)。価格は55ユーロである。

 

最初のウイスキーをリリースしてから約数か月。ここまでの状況にオコンネル氏は満足しているのか? 「何軒かのホテルのバーにおいてもらっているので、そこで私たちのウイスキーを試してもらうことができる。これは大きな意味があることだ。提携している何軒かのケリーのホテルではミニチュア・ボトルが提供されるので、消費者は65ドルのボトルを購入する前に試飲することができる」

 

 

(翻訳ここまで)


LiberatorWhiskeyBottle.png



にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ビール、ジン、ラムを製造してきたコーク県キンセールのブラックスが、ウイスキー蒸留に進出

ニュース/記事
09 /06 2020

ビール、ジン、ラムなどを製造販売しているコーク県キンセールのブラックス (Blacks) はサム・ブラックさんとモード・ブラックさんというカップルが経営する会社。最近の事業拡張でウイスキー蒸留にも進出します。ウイスキーが商品として出荷されるのは 2025 年まで待たねばなりませんが、樽詰めのウイスキーを購入してくれる投資家を募っているそうです。


 

アイルランドの若い事業主が経営する新しい蒸留所の勢いが感じられる記事だったので訳してみました。アイリッシュ・タイムズ紙から。


 

以下に翻訳します。

 

 

(翻訳ここから)


ビール、ジン、ラムを製造してきたブラックスは市場を理解している。次はウイスキーだ。

 

: ジョン・ウィルソン (John Wilson)

202092



コーク県キンセールでマイクロ醸造所として産声をあげたブラックスは、さまざまなビールを作っている。 シンプルに「ザ・セッション」と名付けられたビールは、セッションIPA (: ホップの苦みを残したアルコール度数のそれほど高くないビール) として最も早い時期にリリースされたものだ。「ブラック IPA」はユニークで味わい深い。また、商品ラインナップにはグルテン・フリーのラガーも含まれている。

 

  

ブラックスは 2015 年に蒸留酒の製造を開始した。アイルランドで醸造所と蒸留所が併設されているのはおそらくここだけだ。最近では、バリマルー・ハウス (: アイルランドでは有名なレストラン/ホテル) の協力のもと、壁で囲まれたガーデンで栽培されたハーブや植物を使用し、バリマルー・ガーデン・ジンを製造した。また、ブラックス・スパイスト・アイリッシュ・ラムは、最初で唯一の 100% メイド・イン・アイルランドのラムである。


 

記者がサム・ブラック氏にインタビューしたとき、彼とパートナーのモードは新しい醸造所をオープンしたところだった。「これは、創業から初めてのアップグレードであり、生産能力は 2 倍以上になった。メインの推進要因は実はウイスキーである。5  年先の 2025年までは製品としてウイスキーをリリースすることはできないが」

 


BlacksDistilleryiii.png



「私たちはジンとラムを作ることから始めた。私たちはラムが大好き。飲むのも、作るのも。ウイスキーと同じように、ラムも樽で熟成させる。だから、オークでいろんなことを試してみることができる。私たちの知る限り、製造過程のすべてがアイルランド国内で行われるラムは他にない。輸出市場にもしっかりと基盤を築いてきており、2020年のワールド・ラム・アワードではゴールド・メダルを獲得した」


 

ブラックスでは、アイリッシュ・ウイスキーの熟成に使用した樽で 4 年間ラムを熟成させる。これにより、独特の風味が生まれる。ラムの熟成に使用した樽で、今度はアイリッシュ・ウイスキーを熟成させようとしている。


 

「最近の最も重要な動きは、ファウンダーズ・クラブだ (: ファウンダーは創設者の意味なので、会社として初めて仕込んだ樽を購入する人は創設者の 1 人だという意味で命名したクラブ名か?)。樽入りのウイスキーを購入して貯蔵しておくことに興味をもっている投資家たちと話をしている」とブラックは言う。購入できる樽にはさまざまな種類がある。メイプル・シロップやジャックフルーツやテキーラに使用されていたエキゾチックな樽も用意されている。詳細は、 blacksbrewery.com/founder.html で参照できる。

 


ブラックスは、主力製品である5種類のビールに加え、3 週間ごとに毎回異なる新しいビールをリリースしている。「これは骨の折れる仕事だが、楽しみも多い。キンセール・ペール・エールを週に 4 日醸造した後、新しい酵母やホップを使って何か別のことにトライするのは素敵なことだ。消費者を飽きさせることもない。非常に評判のいいビールができれば、主力製品として採用することもできる」


(翻訳ここまで)

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アイリッシュ・ディスティラーズ社が技術者採用のプログラムを発表

ニュース/記事
09 /05 2020

JamesonBowStreet.png

 

 

202093日付けのアイリッシュ・タイムズ紙に、ジェムソンなどを製造するアイリッシュ・ディスティラーズ社が新卒者向けのエンジニア採用プログラムを発表したという記事が掲載されていました。

 

日本では就職にあたって新卒者が有利とされていますが、アイルランドでは職歴のない新卒者は不利となることも多いようです。そこで、新卒者に対して、現場で働き、知識を蓄ええる機会を提供しようじゃないか、というプログラムです。

 

以下に翻訳します。

 


(翻訳ここから) 


アイリッシュ・ディスティラーズ社が技術者採用のプログラムを発表

 

: キアラ・オブライエン (Ciara O’Brien)

20209 3

 

 

アイリッシュ・ディスティラーズ社が、コーク県ミドルトンの蒸留所とダブリンの瓶詰めプラントで働くエンジニアを採用するためのプログラムを発表した。

 


このジェムソン・エンジニアリング新卒者プログラム (Jameson Engineering Graduate Programme) は、ウイスキー製造チームと共に最新のテクノロジを使って働く機会を新卒者に提供する 2 年間のプログラムである。すでに応募の受け付けは開始されている。


 

「アイリッシュ・ディスティラーズ社には、新しい才能を支援し、育ててきた歴史がある。今回は、ジェムソン・エンジニアリング新卒者プログラムをとおして、次世代のエンジニアを支援するために私たちの経験を活用したい」と、アイリッシュ・ディスティラーズ社人材採用部長のマレッド・グリフィン氏は言う。


 

「エンジニアは、蒸留と瓶詰めのプロセスにおいて、非常に重要な役割を果たす。現在、そして将来の弊社のニーズを満たす人材を育てたいと考えている」


 

「弊社には既に経験を積んだ有能で才能あふれるエンジニアが働いている。弊社の製造責任者チームは、この 2 年間のプログラムを介して、エンジニアリングを学んだ新卒者をサポートする準備ができている」


 

「コークにおいては、ポット式蒸留器、カラム式蒸留器、マッシュ・タン、ポンプ、バルブと計器、ボイラー、コンベヤー・ベルト、熱交換器、自動制御システムについて、理論的および実践的なトレーニングを受けることで、技術的な専門知識を身につけることができる」とグリフィン氏は語る。


 

「一方、ダブリンにおいては、完全に自動化された最新のプロセス・システムとパッケージング設備を操作し、そのトレーニングを受けることができる」


 

「このプログラムは、自らの手でキャリアを切り拓く機会を新卒者に提供するものだ。私たちは、実践的な経験やトレーニングによって、新卒者の成功を助けることができる」


 

「弊社では、挑戦を機会ととらえ、好奇心あふれ、自発的に行動できる人材を求めている。仕事を情熱に変えたいと考えている応募者が採用されることになるだろう」


 

新卒者は、コーク県ミドルトンの蒸留所の敷地にある最新設備を備えたトレーニング施設、「アイリッシュ・ウイスキー・アカデミー」にも通うことになる。このアカデミーでは、ミドルトンで製造されるアイリッシュ・ウイスキーの生産と歴史を学ぶことができる。

 

(翻訳ここまで)

 


にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

tarafuku10

アイルランド・ダブリン在住。男性。