スケリッグ・シックス・エイティーン蒸留所

蒸留所
01 /19 2021

 

202114日付けのアイリッシュ・タイムズ紙に、スケリッグ・シックス・エイティーン (Skellig Six18 Distillery) というケリー県 (County Kerry) にある蒸留所の記事が出ていたので、この記事を参照しながらこの蒸留所についてご紹介します。



この蒸留所はケリー県のカハーシヴィーン (Cahersiveen) という小さな町にあります。ダブリンから車で南西に ~ 時間ぐらい走ったところ。

 

 

cahinveene.png

 


スケリッグ・シックス・エイティーン蒸留所が操業を開始したのは 2019 年のことです。現在は地元のハーブなどを使用してジンを製造しています。

 

skellig619gin.png



記事によりますと、同蒸留所は総額1,000 万ユーロを投じてマイクロ蒸留所とビジター・センターを展開していく計画なのですが、そのうち今年の投資金額は300 万ユーロを予定しているそうです。

 


創業者はジューン・オコネルさんとパトリック・クーニーさんというご夫婦。オコネルさんはカハーシヴィーンの出身で有名弁護士事務所の元パートナー弁護士、クーニーさんはダブリンにある証券会社の要職にあった人です。アイリッシュ・ウイスキーの世界には他業界から有能な方が続々参入してきているようですね。


juneoccomell.png 



同蒸留所のウェブサイトを見てみますと、ウイスキー用のポット・スティル (蒸留器) は既に昨年発注済み。今年の第4四半期までには設置を完了して火を入れるようです。同蒸留所のポット・スティル・ウイスキーが市場に出るのは2024年になります。


 

蒸留所の名前についてですが、まずスケリッグというのは、カハーシヴィーンの町があるアイヴィーラ (Iveragh) 半島の沖のスケリッグ・マイケルという島にちなみます。この島には6世紀ごろに建てられたという修道院が原型をよくとどめたまま残っており、1996年にはユネスコの世界遺産に指定されました。映画『スター・ウォーズ』のロケ地として使用されたことでも有名です。



skellingmonastru.png

 


シックス・エイティーンの方は、島のてっぺんにある修道院までの階段が618段だからだそうです。


 

蒸留所の建物は、以前は靴下を製造していた工場を利用しています。ウイルソン靴下工場は、全盛期は240人を雇用し、週に80,000足を製造していたのですが、2003年に閉鎖。それ以降、空き家になっていました。この工場でCFOを務めていたパトリック・サグリュー氏が、この蒸留所でも同じ役職で経営陣に加わっています。



ビジター・センターの方は、既に昨年オープン。パンデミックのせいで開けたり閉めたりの状態だったそうですが、アイルランドは現在 (1) も三度目のロックダウン中。早く正常に戻るといいな。



アイヴィーラ半島の海岸沿いを走る道路は、リング・オブ・ケリーと呼ばれ、風光明媚なドライブ・コースとしても有名です。ビジター・センターに行くときには合わせてどうぞ。


 

スケリグ・シックス・エイティーン蒸留所のプロモーション・ビデオはこちら。かっこいいので見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=gRywftnMUh8

 



にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

クリスマス・ギフトにぴったりの最新のアイリッシュ・ウイスキー

ニュース/記事
01 /03 2021


 

 

これも少し古い記事で季節外れになってしまったのですが、20201216日のアイリッシュ・タイムズ紙に、最近新発売になったアイリッシュ・ウイスキーをまとめて紹介する記事が掲載されていたので訳してみました。

 

 

アイルランドでは家族や友だちと必ずクリスマス・プレゼントを交換するので、12月に入ってもプレゼントが決まってないとちょっとあせるのですね。そこでプレゼントのアイデアになるような情報がメディアなんかでは飛び交うわけです。

 


 

(翻訳ここから)

 

最近リリースされたアイリッシュ・ウイスキーはどれも試してみる価値のあるものばかり

 

 

20201216

: ジョン・ウィルソン (John Wilson)

 

 

毎年この時期になると、クリスマス商戦にあわせてたくさんの新しいアイリッシュ・ウイスキーがリリースされる。こうしたウイスキーをここにまとめてみた。すぐに品切れになりそうなウイスキーもあるので、お早めに購入することをお勧めしたい。

 


ザ・リベレーター・バッチ2 (€65)とダブル・ポート・フィニッシュ(€50)ティーリング・ルネッサンス・パート2 ((€140) とザ・ケルト・アン・ヒード・ヴラース(€75)アイリッシュマン・ファウンダーズ・リザーブ・オロロソ・カスク (€75) については既に記事にした。すべて現在も入手可能であり、購入する価値のあるウイスキーである。

 

 

ディングル・ウイスキーは、フォース・シングル・ポット・スティル・ウイスキー (Fourth Single Pot Still Whiskey) を約8000本リリースした。このうち半数は輸出に回される。価格は195ユーロである。イチジク、レーズン、ダーク・チョコレートの深い香りを漂わせるこのウイスキーは、クリスマスにぴったりではないだろうか。さらに、ポット・スティル・カスク・ストレングスも同時に500本リリースされた。ディングル蒸留所にとって、この種の製品は初めてとなる。価格は1350ユーロ。

 

 

ミドルトンは、ヴェリー・レアの38回目のエディションをリリースした。これは、蒸留主任のブライアン・ネーションが担当する最後のヴェリー・レアとなる。彼の後を継ぐのは、ミドルトン蒸留所で22年のキャリアを積んだケヴィン・オゴーマンである。ヴェリー・レア2020 (€180) は、このウイスキーに人々が期待する複雑な味わいを楽しめる、エレガントでスムースなウイスキーである。

 

 

グリーン・スポット、イエロー・スポット、レッド・スポットの後を受け、シリーズの掉尾を飾るのがミッチェル&サン・ブルー・スポット (€80) である。バーボン樽、シェリー樽、マデイラ樽で熟成された7年モノのカスク・ストレングス・ウイスキーは、トロピカル・フルーツとスパイスの香りに満ちている。

 

spotkeiwhiskey.png

 

ジェイムズ・フォックスでは、その店舗とオンライン・ショップにおいて、ミドルトン・ヴェリー・レア・ポット・スティル・ウイスキーを独占販売している。1998年に貯蔵庫に入った原酒から162本が作られた。1 995ユーロ。期待を裏切らない卓越した複雑な味わいのウイスキーだ。

 

 

ロウ&コは、カスク・ストレングス・シリーズのセカンド・エディションをリリースした。この2020年エディション(€74)は、豊穣な香りのするスムースな13年モノのシングル・モルト・ウイスキーだ。ブッシュミルズのコーズウェイ1995マラガ・カスク (€400) も現在販売中である。最後はラク・リー蒸留所の新製品。1218日にレーンズボロ泥炭火力発電所が閉鎖されるのを記念して、超限定版のピーティッド・ウイスキーが2種類発売される。ザ・ステーション (The Station) とマウントディロン (Mountdillon) である。これらは、celticwhiskeyshop.com  lrd.ie から65ユーロで購入できる。

 

LR-bridge-the-station-776x1176x3.jpg


(翻訳ここまで)

 

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

クリスマス・ケーキの味がするアイリッシュ・ウイスキー - ザ・アイリッシュマン・ファウンダーズ・リザーブ

ニュース/記事
01 /02 2021

少し古い記事になってしまいますが、20201111日にウォルシュ・ウイスキーから発売されたザ・アイリッシュマン・ファウンダーズ・リザーブの記事がアイリッシュ・タイムズ紙に掲載されていました。翻訳してご紹介します。

 


 (翻訳ここから)

 

クリスマス・ケーキの味がするアイリッシュ・ウイスキー

 

20201111

: ジョン・ウィルソン (John Wilson)


Irishman-Founders-Reserve-776x1176.jpg 

 

ウォルシュ・ウイスキーから、ザ・アイリッシュマン・ファウンダーズ・リザーブのサード・リミティッド・エディションがリリースされた。これまでの2回のエディションでは、熟成の仕上げにマルサラ樽とラム樽が使用されていたが、今回はオロロソ・シェリー樽を使用してシングル・モルトおよびシングル・ポット・スティルをブレンドしたこのアイリッシュ・ウイスキーは仕上げられている。

 


トースティッド・ナッツ、オールド・ウッド、オレンジ、クリスマス・ケーキのフルーツなど、魅惑的で複雑な香りのするすばらしいウイスキーだ。味は、ドライ・フルーツ、トースティッド・アーモンド、多種多様なスパイスがあわさり、豊穣で円熟味がある。フィニッシュは長く後を引く。「ボトルの中にクリスマスを詰めた」とウォルシュは言う。「予想どおりの心地よいスパイシー感。クリスマス・ケーキとナツメグのスパイスの味は、ポット・スティル・ウイスキーがもたらすものだ」


 

ウォルシュでは、ダーク・チョコレートと共にこのウイスキーを味わうことを薦めている。チョコレートがウイスキーのクリーミーさを引き立たせるからだ。


 

「リリースごとに大きく異なる。メインとなる製品を作る一方で、さまざまな実験的試みを行っているから。私はあれこれ試してみるのが好きなのだ。すべてがうまくいくわけではないから、あなたの耳に入らないものもある。しかし、私はすべてを味わうはめになる」


 

「オロロソを何度も試してテストしてみた結果、特にうまくいくことがわかった。ウイスキーを入れる前の樽に気を配る必要がある。私たちが使用するすべての樽は、樽職人でシェリー酒製造業者のアントニオ・パエズからのもので、硫黄処理なしで冬に出荷される」


 

「今回のエディションにはとても満足している。ちょっとしたひねりの効いた味だ。今回リリースされるウイスキーの熟成に用いられたのは、最初にオロロソの熟成に3年使用し、その後、高い評価を受けた私たちのアイリッシュマン17年に使用した樽である。重層的な香りと複雑さが染み込んだこれらの樽は、今回が最後のお勤めとなった」


 

今後も新製品は目白押しだ。「今後リリースされる製品はいくつも用意されている。アイデアもいくつかある。すべてが私の思いどおりになったわけではない。人にはそれぞれ好みがある。私はエール・ビールのホップの香りが好きだし、甘いものも好きだ。だから、クリスマス・ケーキの香りがするマルサラとオロロソが好きなのだ。これからも楽しみながら、来年の製品を考えていきたいと思う」

 


アイルランドの市場向けにシェリー樽が1 (948 ボトル分) が取り置かれている。このウイスキーは celticwhiskey.com  €75 で購入することができる。


(翻訳ここまで)


にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ジェルストンズ・オールド・アイリッシュ・ウイスキー

ニュース/記事
11 /25 2020

 ジェルストンズというアイリッシュ・ウイスキーの記事がアイリッシュ・タイムズに掲載されていたので翻訳してご紹介します。

 


このウイスキーはこれまであまり宣伝活動をしてこなかったのか、あまり話題になっているのを見たことがありませんでした。といいますか、正直な話、私、今回このウイスキーのことを初めて知りました。記事にも「レーダーにひっかからないように操業していた」(直訳) と書いてありますのでそういうことなんでしょう。


 

ジェムストンズは歴史のあるブランドのようで、昔の経営者の子孫の方がブランドを復活させたようです。北アイルランド生まれでニュージーランド人のあの有名俳優もこのウイスキーの熟成に一役買っているようです。

 

 

(翻訳ここから)


ベルファストとニュージーランドの一族をつなぐジェルストンズ・オールド・アイリッシュ・ウイスキー

 

20201118

: ジョン・ウィルソン (John Wilson)

 

gelston1.png



過去数年間、ジェルストンズ・オールド・アイリッシュ・ウイスキー (Gelston’s Old Irish Whiskey) には目立った動きはなかったが、ここにきて顧客基盤を拡大する準備ができたようである。ジェルストンズを取り仕切っている男の名前はジョニー・ニール。彼は、1869年に創業者のサミュエル・ジェルストンからジェルストンズを購入したハリー・ニールの玄孫 (やしゃご) である。また、ジョニー・ニール氏の母方の祖先はグリノールズ・ジンを所有していた一族でもある。アルコール事業の血が彼の身体に流れているのは間違いない。2005年、彼は英国の最初期のクラフト・ジン蒸留所であるホイットリー・ニールを創業した。この蒸留所は現在はヘイルウッド社が所有している。

 


「私たちの一族はウイスキーになんらかのつながりがあるんだと昔から思っていたので、2007年に調査を始めた」とニール氏は言う。「しかし、実際に形になったのは5年前のことだった。ハリー・ニールはアルスター銀行で働いていたが、1851年のゴールドラッシュのときにメルボルンに移住し、食料品を販売する店を立ち上げた。大金を稼いだ彼は、パーシヴァル・ニールなど彼の兄弟に株を譲渡し、ベルファストに戻ってきた。1861年、彼はサミュエル・ジェルストンの未亡人からジェルストンズを買収した。ハリー・ニールは1891年に亡くなったが、一族は1920年代後半まで事業を継続した」


 

ニール氏はジェルストンの名前を再登録した。「ヘイルウッド社が経営に参加したとき、ジョン・ティーリングを介してブッシュミルズの古い原酒を樽で購入することができた。1991年から貯蔵庫で眠っていた樽に加え、2001年および2003年に熟成を始めた樽もいくつかあった。私たちは、25年モノのウイスキーを、アイルランド、アメリカ、日本でリリースすることができた」

 


オリジナルのジェルストンズと同様に、新しいジェルストン社も他の蒸留所、主にウェスト・コーク蒸留所から原酒を購入し、自社ブランドを構築している。幅広い種類のウイスキーが取り揃えられている。


 

奇遇にも、最新のリリースであるシングル・ポット・スティル・ピノ・ノワール・フィニッシュは、彼のいとこで、パーシヴァルの子孫である俳優のサム・ニールから提供された樽で21か月間熟成されている。サム・ニールは、ニュージーランドのセントラル・オタゴにあるワイナリーの経営者としても成功しているのである。甘く熟したレッド・フルーツの風味を持つこのウイスキーは、専門店やオンラインで 49.99 ユーロで購入できる。

 

(翻訳ここまで)

 

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ 

ウイスキー人気ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アイリッシュ・ウイスキーの絵葉書

雑談
11 /08 2020

雑談です。


 

私は郵便関係全般が好きで、古い郵便ポストを見に行ったり (アイルランドでは100年以上前のポストが現役で使われています)、絵葉書を集めたりしています。


 

ウイスキーをテーマにした絵葉書も結構あるのでご紹介したいと思います。


 

まず、ウイスキー蒸留所に見学に行ったときにギフト・ショップで買った絵葉書から。

 

IMG_6099.jpg  


こちらはダブリンのオールド・ジェムソン蒸留所で買ったものです。エイダン・ケリー (Adan Kelly) さんというフォトグラファーの撮影した写真です。ウイスキーに直接関係するのは樽の写真だけ。他はダブリンのストリートの夜を切り取った写真です。この方は写真の上に文字を書くのが作風なんですね。宛名を書く面にはジェムソンのロゴが入っています。


IMG_6098.jpg 

 

次はピアース・ライオンズ蒸留所の絵葉書。5枚セット。こちらは使われなくなった教会を再利用した蒸留所で、ステンドガラスが特徴です。そのステンドグラスをテーマにした絵葉書が中心ですね。

 

JamesonandPearce2.png 


上の2つの蒸留所の絵葉書は、このようにセットになって販売されています。

 

bushmillsPostcards.png

 

それから、ブッシュミルズの蒸留所で買った絵葉書。11枚あります。蒸留所の外観の写真から貯蔵所、蒸留器、ブッシュミルズのテーストの図解など、いろいろ取り揃えられています。


RoeandCo.png

 

そして、ロウ&コ蒸留所。こちらの絵葉書は木製です。17ユーロとお値段も張りますが。

 

paddypostcards.png 



次に、土産物屋さんで売っている絵葉書。Real Ireland という観光客向けの絵葉書を作っている会社があるのですが、そこの製品です。パディ・ウイスキーの看板をそのまま絵葉書にしたもの。私が持っているのはこれだけですが、ジェムソンなどその他のウイスキーの看板を絵葉書にしたものもあります。最近見ないので、ありました、というべきかな。

 

powermirror.png

 

続きまして、パブ・ミラーの絵葉書。どちらもパワーズ・ウイスキーですね。上が Real Ireland。下は Insight Diblin というこれも観光客向け絵葉書を作っていた会社のものです。

 

powermisc.png

 

それからもう1つ。左の絵葉書は3年ほど前にオンラインで買ったんだけど、ドイツの方が趣味で作っている絵葉書かな、と思うんだけど。パブのキャビネットの前でおじさんが幸せそうにしています。手にもっているのはパワーズ・ウイスキー。右側はこれも Real Ireland の絵葉書で、パブの外観ですが、こちらもパワーズ・ウイスキーのミラーが写っています。パワーズのパブ・ミラーは金色をちりばめたデザインが美しいので写真映えしますね。

 

IMG_6092.jpg

 

それからこちらは、かなり昔に買ったものですが (25年以上前)、アイリッシュ・コーヒーとアイリッシュ・ホット・トディの絵葉書。宛名を書く方の面にレシピが記載されています。写っているのはブッシュミルですが、ジェムソンが写っている別バージョンもあったはず。リーシュ県のエモ (Emo) という小さい村にある会社が出していたものですが、その会社はいま検索しても見つかりません。

 

louivitton.png

 

最後は、ルイヴィトン社がルーベン・トレド (Ruben Toledo) というアーチストに依頼して世界の100都市のイラストを描いてもらい、絵葉書セットにして販売したのですが、その中のダブリン編。パブの中で男女が語り合っている図。背後にはやはりパワーズ・ウイスキーのパブ・ミラーが描かれています。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ洋酒へ

ウイスキー人気ブログランキングへ


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

tarafuku10

アイルランド・ダブリン在住。男性。